WEBサイトの製作、管理、とかの日記ブログです。

<<   2018年06月   >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
新着記事
カテゴリ
過去ログ
コメント
検索
ページ → CGIでページを更新 → 元のページにリダイレクト
ってな感じな時にキャッシュが使われないようにクエリにタイムスタンプつけたりして実際は同じページだがURLを変更してキャッシュが表示されないようにしたりするが、
この方法だとCGIからのリダイレクト時は確実にキャッシュが使われないが、そこからリンクを辿って元のページに移動した場合に最初のキャッシュが使われちゃう可能性がある。というか使われる。

Locationヘッダでのリダイレクトの際にリダイレクト先をキャッシュを使わせず強制ロードさせるような方法って無いのだろうか・・・

アクセストレードの副サイト登録って以前は審査後に承認だったと思うんだが、
今登録してみたら即時承認で事後審査になってた。

アクトレは即時承認じゃないから直ぐに広告貼りたい場合なんかはA8.netを使うことが多かったが、
アクトレもA8と同じ感じになた模様。

だが、今のアクトレの管理ページのレイアウト、
ブラウザ依存だと思うがプルダウンメニューの文字が切れてる。

今気づいたが、忍者AdMaxに非同期タグができてた。
β版とのことだが一部で使うことにした。

先日の can't get pipe mutex は Mutex sem にしてからエラー出てないんだが、
もう1個まれに出るエラーで、
[Mon May 28 13:13:16.873488 2018] [fcgid:warn] [pid 6166:tid 139732431918848] (32)Broken pipe: [client 52.42.174.215:58406] mod_fcgid: ap_pass_brigade failed in handle_request_ipc function
↑こんなの。

どうもサーバーが応答する前に切断すると出るようなんだが、FcgidOutputBufferSize の設定で解決できるとか・・・
初期値は65536でエラーが出る箇所はFastCGIでファイル配信してる箇所でHTML等のテキストに比べて容量大きめのところ。
エラー出てる時の配信するファイルのサイズ確認すると、確認した範囲では65536超えてるが、エラーログのサイズでは配信されるはずのファイルサイズより小さくなってる。
あと、42000byteでエラーログ出てるのが複数ある。他はサイズの規則性わからない。

FcgidOutputBufferSizeのサイズを大きくすれば良い気もするが、逆に0にすると解決する?情報があるんで、
FcgidOutputBufferSize 0
でしばらくやってみる。
0だとバッファリングされないで即フラッシュだとか。

mod_deflateでキャッシュが無効化されちゃってた件で、静的.jsと.cssを事前にgzip化して配信するようにしたが、
Gzipより圧縮率の高いBrotliってのを知ったので試してみた。

brotliコマンドはメインPCに元々入っててgzipコマンドと似たような使い方。
で、たしかにgzipと比べて20%くらいファイルサイズが小さくなった。

Apacheにmod_brotliってモジュールがあるようだが、これはmod_deflateみたいなもん?
事前圧縮したファイルをmod_rewriteで配信するのに別途モジュールは要らないよね?

mod_rewriteでgzipと同じように設定して試してみたが、
FirefoxのAccept-Encodingヘッダにbrが無い・・・
Chromiumでもbr無い・・・
どうも、普及率が低いと見込まれてるから?HTTPSの時じゃないとヘッダ省略されてるみたい。

  次のページ  
whblog 1.7