WEBサイトの製作、管理、とかの日記ブログです。

<<   2018年09月   >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
新着記事
カテゴリ
過去ログ
コメント
検索
アクトレのWEBサービスがリニューアルされてた
来月期限切れのドメインがあって確認してみたんだが、
アクトレのCSVデータを元にブログ投稿して作ったショッピングサイトだったんだが、
この前スパムトラックバック消した際からな気がするがブログ破損してた・・・
ってわけで、ドメイン期限切れ前だがサイト潰した。

で、アクトレの登録済みサイト枠1個空くからアクトレのAPIかCSV使って新サイトを作ろう!
ってわけなんだが、アクトレのWEBサービスがいつの間にかリニューアルしてた。

APIとCSVの両方が新しくなってるんだが、
CSVの新機能は、CSV一括取得じゃなくて条件検索で取得できるようになってて、
前は一括取得だとCSVから取得したリンクURLに、rk(アフィコード的な)設定しないと使えなかったんだが、条件検索からCSV取得するとrk設定が要らなくなってる。
rk設定めんどいから便利そうではあるが、どうも条件指定でのCSV取得に対応したマーチャントと新たに提携しないとダメなようで、めんどいし商品数も少なそう・・・
APIの方もショッピング、グルメ、ホテル等のジャンル別に新APIができてるんだが、これも対応マーチャント少なそうな気がする。

新機能は現状使いにくいかなと思うんだが、
今回は忍者ホームページに静的HTML投稿してショッピングサイト作ろうと思うんだが、
以前もアクトレのCSVからHTML群作って忍者ホームページに送って放置のショッピングサイト作ってて、サイト生成システムは残ってるんだが、
新データ送らないから新鮮な情報がないし、更新しないから忍者のデカイ広告が出ちゃう。
というわけで、CSVではなくAPI使って更新されるサイトを作るシステムを新たに作ろうかと。

ローカルでAPIからデータ取得してSQLiteにデータ入れる。
FTPで静的HTML送るんで、リストの動的生成もできないから、未投稿商品が10とか20とかリスト1ページ分貯まったらFTPでシステムから投稿する。
その際に投稿済みフラグとリスト番号を記録しておき、次回投稿時は一個前のリストに「前のページ」をつけて再生成して投稿し直す。
最後に投稿したリストをindexにする。
って感じで。

静的サイトなんで検索機能はなし。
前に静的HTMLサイトにJSONデータつけて検索機能つけようとしたことがあったが、全商品のJSONだと大きすぎてやっぱ無理ある。

あとで作り始めて、今日中に完成させたいかな。

この記事へのコメント
名前:
URL
コメント:
この記事へのトラックバック :
whblog 1.7