WEBサイトの製作、管理、とかの日記ブログです。

<<   2018年05月   >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
新着記事
カテゴリ
過去ログ
コメント
掲示板
検索
A8広告主のショップにアンテナ張ること考えてみた
A8広告主のショップにアンテナを張ってショッピングサイト作ることを考えてみた。
まあ、過去にも何度か考えたことあるし実際試作した記憶もあるんだが・・・


まず、A8の商品リンクは、A8の説明文だと、
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=HFDT+MHI+YIP&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fwww.a8.net
という形式で、
a8ejpredirectはリンク先広告主ページのURLをURLエンコードしたもの。
a8matの方はアフィコードの様だが、実際に商品リンク作ると4つのコードが+で連結された文字列になってる。

で、4つの謎コードだが、4番目のコードは常に固定で、こちらの会員IDから作られるものではないかと思うが、
2番目のコードは、こちらの提携サイトを切り替えたり別の広告主で作成すると変わる。
1番目と3番目は、同じ広告主なら変化しないが、広告主を切り替えると変わる。
というわけで、4番目のコード以外は提携毎に変わりそうなので、サイト量産とかは難しそう・・・


情報の取得に関しては、相手のサイト構造によっては難しい場合もありそうだが、
ほとんどのショップの場合トップページ巡回で、商品URL、商品名、サムネイルの取得はできると思う。
詳細情報を取得しようと思うと商品ページの解析が必要だが、一つのサイトだけならサイトに合わせたスクレイピングコード書けばいいが、複数サイト相手だときれいな情報を記録するのは難しいね・・・
フィードを配信してるショップも多いが、まともなショップサイトが作れるようなフィードを配信してるところはレア。

この件考えた時は当初、巡回アンテナだけで情報は手動入力の半自動的なもので考え始めたんだが、
半分自動化しても手動入力作業があると結構手間だし、APIと違って情報更新もできないから手動入力でもあまり良いサイトにならない。
多分やるだけ無駄なサイトになるんで、手間はかけられんね。


という感じで、人が来るようなサイト作れなそうなんだが、
とりあえず詳細ページなしのリストサイトだけ、ダメ元で作ってみよかな。

この記事へのコメント
名前:
URL
コメント:
この記事へのトラックバック :
whblog 1.5