WEBサイトの製作、管理、とかの日記ブログです。

<<   2018年08月   >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
新着記事
カテゴリ
過去ログ
コメント
検索
新サーバーにWebmin
新サーバーの準備で、リモートコンソールだとコピペが使えなくてパスワードの入力等で不便なんで、
まずはWebminかSSHが使えるようにしたい。

というわけで、Webmin入れればSSHの設定もしやすいからWebmin入れるかな・・・
と思ったんだが、前回の作業時のメモ見ると、今回の思考と同じでまずWebmin入れていたようだが、
「SSHが最初からインストールされているのでまずSSHで接続すべき。」
と記載されてた。
が、SSH接続してみたがつながらない気配・・・
今回もまずWebmin入れた。

Webminは野良パッケージ使わない限りはapt使わずにインストールになるんで、
wget http://prdownloads.sourceforge.net/webadmin/webmin_1.680_all.deb
sudo dpkg -i webmin_1.680_all.deb
でWebmin公式から拾ってきてインストール。
libnet-ssleay-perl
libauthen-pam-perl
libio-pty-perl
apt-show-versions
libapt-pkg-perl
が足りなくてエラーになるんで5個まとめてインストール(バラバラに入れようとしたら怒られた)するとWebminのインストールが再開する。

で、Webminに接続しようとしたらパスワードが違うと怒られた。
パスワード設定する時にランダムで作成して手入力だったんだが、「0」と「O」間違えてたらしい・・・


そんなわけだが、Webminは無事に入った。
今回はホスト名の逆引きも使うんで後でWebminも調整必要な感じだが、
後の作業は、
  • SSHの設定
  • Btrfsのサブボリューム作成
  • apacheのインストールと設定
  • MySQL(今はMySQLではないんだっけ?)
  • vsftpdのインストールと設定
  • ファイアウォールの設定
  • DBを構造だけで入れる
  • いろいろテストしながら調整
って感じかな。
ファイアウォールは今やったほうがいいな。

この記事へのコメント
名前:
URL
コメント:
この記事へのトラックバック :
whblog 1.7